九州ソーラー&クリーンエネルギーネットワーク(SONEQ:ソーネック)

文字の大きさ
標準
拡大

資料・データ

国内の太陽電池普及の動向

日本では、2011年時点で約4.9GWの太陽電池が導入されており、2012年時点では約6.6GWに達していると言われています。九州は、太陽光発電システムの普及が進んでいる地域であり、全国平均(5.64%)よりも高い8.10% の一戸建てに太陽光発電システムが導入されています。

日本の太陽電池導入実績
日本の太陽電池導入実績
資料)
IEA「TRENDS IN PHOTOVOLTAIC APPLICATIONS」 1992?2011のデータ
IEA「PVPS Report - A Snapshot of Global PV - 1992-2012」 2012のデータ
住宅用太陽光発電システム普及率に関する九州各県の
全国ランキング(2014年3月末)
全国順位区割り導入件数(件)一戸建て件数(件)普及率
-全国1,548,61827,450,2005.64
-九州251,1223,098,7008.10
1佐賀22,135210,00010.54
2熊本41,818441,1009.48
3宮崎29,325315,4009.30
8大分24,131298,9008.07
10福岡74,216963,2007.71
14長崎26,201363,3007.21
18鹿児島33,296506,8006.57

注)普及率は2013年度までの導入件数累計を2008年の一戸建て件数(総務省「住宅土地統計調査」)で除して算出

資料)各種資料より公益財団法人九州経済調査協会作成