九州ソーラー&クリーンエネルギーネットワーク(SONEQ:ソーネック)

文字の大きさ
標準
拡大

政策動向・助成・公募

「エネ革税制」と「グリーン投資減税」について(資源エネルギー庁)

 平成23630日、「現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための所得税法等の一部を改正する法律」が公布・施行されたことにより、エネルギー需給構造改革推進投資促進税制(エネ革税制)の即時償却は、今年度中(平成24年3月31日まで)延長されることになりましたので、お知らせします。

 また、同日、新たに「グリーン投資減税」が創設され、平成23年6月30日から平成26年3月31日までの期間内に対象設備を取得した事業者は、基準所得価額の30%特別償却、又は7%の税額控除(中小企業のみ)の措置を受けることができます。

 なお、今年度は「エネ革税制」と「グリーン投資減税」の両方の対象となっている設備を取得した事業者は、当該設備についていずれかの税制措置を選択的に受けることができますが、重畳的に税制措置を受けることはできませんので、ご留意下さい。

 詳細は、以下URLをご覧下さい。

 

【「エネ革税制」と「グリーン投資減税」について】

http://www.enecho.meti.go.jp/enekakugreen.htm

 

【参考:省エネ法AtoZ

http://www.enecho-shoeneho.jp/support/enekaku.html