九州ソーラー&クリーンエネルギーネットワーク(SONEQ:ソーネック)

文字の大きさ
標準
拡大

イベントセミナー

「シリコンシーベルトサミット福岡2012」のご案内((財)福岡県産業・科学技術振興財団など)

 2003年より例年開催しております国際フォーラム「シリコンシーベルトサミット福岡」も、今回で10回目となります。

プログラム、会場等の詳細は、『シリコンシーベルトサミット福岡2012』公式ホームページ(下記URL)とPDFをご参照ください。 

http://www.silicon-seabelt.org/

シリコンシーベルトサミット福岡2012概要(120110現在).pdf

参加ご希望の方は、上記URL内『参加申込』のページにてお申込みください。皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

       =======「シリコンシーベルトサミット福岡2012」概要=======

1.日 時  

    平成24年(2012年)

  216日(木)09:3018:00 フォーラム/18:00~ レセプション

  217日(金)09:3012:00 地域イノベーション戦略支援プログラムの最終成果発表セミナー

           13:3016:30 技術セミナー及び施設機器の利用見学会()

  ※ホワイエにて地域イノベーションプログラムの研究成果等を展示。

2.会 場  

   ・西鉄グランドホテル(福岡市中央区大名2-6-60

    ⇒ http://www.grand-h.jp/access/index.php 

()のみ、社会システム実証センター・三次元半導体研究センターにて

      開催(福岡県糸島市)

   ⇒ http://jiss.ist.or.jp/access.html

3.テーマ   

   「スマート社会を実現する半導体とシリコンシーベルト福岡の今後の展開」

4.プログラム

  *最新情報は、下記公式ホームページをご覧ください。

   ⇒ http://www.silicon-seabelt.org/

2012216日(木)―1日目―◇

9401000

◆記念講演 「シリコンシーベルト福岡の10

       ~SSB地域における今後の福岡・九州のポジショニング~」(仮)

 日本電気() 特別顧問 佐々木 元 氏

(サミット組織委員長/九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会会長)

10001100

◆特別講演 「シリコンシーベルトの技術と事業戦略」

  サムスン電子()(韓国)取締役常任顧問 李 潤雨(Yoon-Woo,Lee)

11001200

◆基調講演 「エレクトロニクスがもたらすスマート社会実現への展望」

  パナソニック() 東京RDセンター 所長 三輪 真氏

(※12001300 ランチブレイク)

13001540

◆セッションⅠ「スマート社会の実現を目指すマーケット・クリエーションの動向」

13:00-13:40

 「資源循環型社会を目指すスマートなエネルギー・環境戦略」

  富士電機() 取締役執行役員専務 マーケティング本部長 CMO 重兼 壽夫 氏

13:40-14:20

 「『あらゆる不安のない社会』を目指す『社会システム産業』の未来」

  セコム() 執行役員 IS研究所 所長 小松崎 常夫 氏

14:20-15:00

 「安全・安心スマート社会に向けたヘルスケアITソリューション」

  東芝医療情報システムズ() 技師長 谷澤 洋一 氏

15:00-15:40

 「植物工場が切り開くスマート農業の展望」

  ()果実堂 取締役 研究推進部 部長 水上 洋介 氏

(休憩 15401600

16001800

◆セッションⅡ(パネルディスカッション)

「スマート社会実現に向けたSSB各地域の取組と今後の地域連携の展望」

 高機能かつ効率的で国民が安心・安全に生活できるスマートな社会の構築が強く要請されている中、今後益々ICTやセンサーネットワーク等の半導体技術の活用・応用が重要になるという視点で、SSB地域内の研究開発の取組、地域内連携の可能性、今後の展望などについての議論を行う。

≪モデレーター≫

  九州大学 理事・副学長 安浦 寛人 氏

≪パネリスト≫

 (韓国)

 ○Korea Electronics Technology Institute KETI

  ※登壇者調整中

 (台湾)

  Cheng-Wen Wu

  Vice President and General Director

  Information and Communications Research Laboratories

  Industrial Technology Research Institute(ITRI)

 (フィリピン)

 ○Greg Tangonan

  ・Executive Director of the Congressional Commission on Science and

   Technology and Engineering (COMSTE) of the Philippines

  ・Professor of the Ateneo de Manila University

◆レセプション 

1800

2012217日(金)―2日目―◇

 シリコンシーベルト福岡プロジェクト/研究・ビジネス最前線として実施

―午前― 

9301200 

◆地域イノベーション戦略支援プログラムの最終成果発表セミナー

 これまで210年にわたり取り組んできた本県の先端半導体クラスター事業の研究成果について総括し、全22テーマの中から関係の企業・大学・研究機関による講演発表及びパネル展示等を行う。

 ○「地域イノベーション戦略支援プログラム事業全体成果の報告」()

   ()福岡県産業・科学技術振興財団 システムLSⅠ推進プロデューサ 兼福岡先端クラスター戦略本部 事業総括 大津留 榮佐久

 ○「MIMO-MESHの実用化状況と今後の展開」()

   ・九州大学大学院システム情報科学研究院 教授 古川浩 氏

   ・PicoCELA() 代表取締役 井上 聡志 氏

 ○「ICTアプリケーションLSIIP研究開発の成果と事業展開」

   ・早稲田大学大学院 情報生産システム研究科 教授 後藤敏 氏

   ・ルネサスエレクトロニクス()

    SoC事業本部産業ソリューション統括部課長 粟島 亨 氏

 ○「環境リスク評価に資する新規バイオセンシングプラットフォームの開発と新規市場探索」()

   ・九州工業大学大学院工学研究院 教授 竹中繁織 氏

   ・()エコジェノミクス 取締役・主席研究員 鏡 良弘 氏

―午後―

13301630

◆新たな社会システムの創造に向けた技術開発と本施設の役割について

  社会システム実証センター・三次元半導体研究センター(糸島市)において、施設・機器の利活用を念頭に置いた、技術セミナー及び見学会を実施。

 ○「TSV三次元実装技術の現状と課題」

   三次元半導体研究センター センター長 開 俊一

 ○「社会システム実証センターの取り組みについて」

   社会システム実証センター 副センター長 石田 浩二

 ○施設見学

※上記プログラム等は、変更になる場合がございます。

5.参加費用(税込)

  ≪一般≫

  ・2/16 フォーラム+レセプション  = 8,000

  ・2/16 フォーラムのみ       = 5,000

  ・2/17                = 無料

  ≪学生≫

  ・フォーラム無料(レセプション参加の場合は3,000円)

6.お申し込み方法(オンライン登録)

  下記URL内、『参加申込』のページにてお申込みを受け付けております。

    http://www.silicon-seabelt.org/regist_j.html 

    *ご登録後に画面に表示されます参加証を印刷し、サミット当日に受付までご持参ください。

    【お問合せ先】

   シリコンシーベルトサミット福岡 事務局     

   (財)福岡県産業・科学技術振興財団  担当:先端半導体部 家中、伊藤く、花城(はなき)

     Email : lsi1@ist.or.jp 

     Tel : 092-832-7151  Fax : 092-832-7152

     〒814-0001 福岡市早良区百道浜3-8-33

           福岡システムLSI総合開発センター

         URL http://www.ist.or.jp/lsi/