九州ソーラー&クリーンエネルギーネットワーク(SONEQ:ソーネック)

文字の大きさ
標準
拡大

SONEQからのお知らせ

PV EXPO2012におけるSONEQ事務局出展の模様(SONEQ事務局)

 九州ソーラーネットワーク(SONEQ:ソーネック)は、2月29日(水)~3月2日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催された「PV EXPO 2012」(主催:リード エグジビション ジャパン(株))にブース出展しました。

 ブースでは、SONEQの平成23年度事業「ビジネスモデル・ものづくり研究会」の成果物である、メガソーラー等の施工基本技術の教育研修カリキュラム「メガソーラー・産業用太陽光発電システム 施工基本技術研修用テキスト」((株)PV総合学院)と、太陽電池検査・診断装置の「SKODES」((株)システム・ジェイディー)の実機を展示公開しました。この他にも、(株)キューデン・エコソルのパネル展示や、YOCASOL(株)で取り扱っているセルの展示、以下の正会員企業のパンフレットを設置しました。

 

【パンフレットを展示した正会員】

()九州地域産業活性化センター

()キューデン・エコソル

・昭和鉄工()

()新出光

・西部電気工業()

・大同特殊鋼()

・テス・エンジニアリング()

・丸文()

YOCASOL()

(五十音順)

 

 ブースには、三日間で450名程度の方に来場頂きました。両角会長をはじめ、役員会の幹事やアドバイザーの皆様、数多くの正会員・メルマガ会員がソーネックブースを訪問しました。ありがとうございました、

 

 

会場前のブースの風景です。この後、お客様の入りに対応して、レイアウトは頻繁に変更しました...

 

 

ブース風景04.jpg ブース風景05.jpg

 

展示公開した「施工基本技術研修用テキスト」(左)と「SKODES」(右)の反響は非常に高かったです。テキストは持参した冊数全てがなくなりました。

また、今回の展示にあたって、(株)PV総合学院の西村社長と、(株)システム・ジェイディーの伊達社長(とその他社員3名)に上京して頂き、来場者に対する説明をお願いしました。ご協力に対して、この場を借りて改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

テキスト拡大.jpg SOKODES拡大.jpg 


 ピーク時には、ブース内だけでは対応できずに、ブースの外でもお客様に対応しました。

 

ブース風景01.jpg  ブース風景02.jpg 

 

SONEQ事務局スタッフは、ピーク時には4名常駐していましたが、全員が説明しているにもかかわらず、更にお客様が来場された時間帯もありました。

また、一部の正会員の皆様からお預かりしたパンフレットは、ラックに展示しました。

 

ブース風景03.jpg ブース風景06.jpg

 

改めて、関係者の皆様、参加者の皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

以上