九州ソーラー&クリーンエネルギーネットワーク(SONEQ:ソーネック)

文字の大きさ
標準
拡大

SONEQからのお知らせ

九経調イブニングセミナー「太陽光発電産業の展望と重要性を増すメンテナンスビジネス」のご案内

 来る平成26年3月17()に、九州ソーラーネットワーク(SONEQ)の事務局運営を担当している(公財)九州経済調査協会は、九経調イブニングセミナー「太陽光発電産業の展望と重要性を増すメンテナンスビジネス」を開催致します。

 

2012年7月から始まった固定価格買取制度により、太陽光発電システムの普及は急速に進みました。その一方で、買取期間である20年間、発電量を維持させる「メンテナンス方法」については、未だに関係者が手探りで実施しているのが実態です。

 今回は、太陽光発電ビジネスの展望とメンテナンスの役割と重要性について、SONEQ事務局スタッフによる概論に加え、SONEQ正会員で2012-2013年度の研究会幹事会社である、大分デバイステクノロジー()安部征吾代表取締役による「九州発のメンテナンスサービス」の事業展開についてご紹介します。

 

 通常、九経調イブニングセミナーは、九経調賛助会員・ビズコリ会員のみが無料で受講出来、これらの非会員は有料での受講となりますが、今回のイブニングセミナーは特別に、SONEQ正会員であれば無料での受講が可能です。

参加者数に限りがございますので、是非、御参加について御検討を願います様、お願い致します。

 尚、詳細に関しましては、以下リンクよりPDFにてお取り寄せ下さい。

 

http://www.kerc.or.jp/seminar/2014/02/317.html