九州ソーラー&クリーンエネルギーネットワーク(SONEQ:ソーネック)

文字の大きさ
標準
拡大

政策動向・助成・公募

第3回 地域から考える再生可能エネルギー県民シンポジウム開催のお知らせ(福岡県)

再生可能エネルギーは天候や風況によって出力が安定しないという課題を有しており、更なる導入拡大のためには、IT(情報通信)や蓄電池等の技術を活用して、地域単位でエネルギー需給を総合的に管理する「スマートコミュニティ」の構築などが必要とされています。

このような状況を踏まえ、県では、地域の特色を活かしたスマートコミュニティの構築に向けた機運の醸成を図るため、「第3回 地域から考える再生可能エネルギー県民シンポジウム※」を、6月28日(土曜日)に福岡市内で開催することとしました。(要事前申込)

※再生可能エネルギーの先進導入事例を紹介するため、平成24年度から、県主催で毎年度開催しているシンポジウム

シンポジウムでは、政府におけるスマートコミュニティを活用した地域振興の取組みについて「総務省 地域力創造グループ 地域政策課長 猿渡 知之(さるわたり ともゆき)氏」に基調講演をいただくほか、地域の特色を活かしたスマートコミュニティの構築に取り組む事業者・自治体から、その取組み状況や今後の課題などをご紹介いただくこととしております。

 皆様お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

 ○開催概要

■日 時  2014628日(土)13001715(開場1200

■会 場  レソラNTT夢天神ホール(福岡市中央区天神2丁目555号)

            (アクセスはこちら:http://resolatenjin.jp/hall/access/

■主 催  福岡県

■入場料  無料(定員250名)<要事前申込>

■参加者  県民、事業者、自治体担当者 等

■申込方法 【締切】6月20日(金)

(1) インターネットによるお申込み

下記アドレスからお申込みください。

「ふくおかのエネルギー」 http://www.f-energy.jp/smp2014/

 

 (2) 電子メール・FAX・電話によるお申込み

    参加を希望される方の氏名・住所・電話番号を、下記までご連絡ください。

 

福岡県企画・地域振興部 エネルギー政策室

TEL:092-643-3228

FAX:092-643-3160

E-mailenergy@pref.fukuoka.lg.jp

 

○プログラム

   13:0513:50 基調講演

演題:「分散型エネルギーインフラ」の導入による地域の成長戦略創造について

      講師:総務省 地域力創造グループ 地域政策課長 猿渡 知之 氏

 

総務省 地域政策課長 猿渡 知之(さるわたり ともゆき)氏 御略歴

昭和60年3月  東京大学法学部卒業後、自治省入省

栃木県財政課長、青森県企画部理事等を経て、

平成13年4月  総務省自治行政局自治政策課(理事官・情報政策企画官)

平成15年8月  京都府総務部長

平成18年5月  京都府副知事

平成21年4月  総務省総合通信基盤局高度通信網振興課長

平成23年4月  地方公共団体金融機構資金部長

平成24年4月  総務省自治行政局地域政策課長 兼 内閣官房内閣参事官

平成25年2月  総務省自治行政局地域政策課長

命 地域の元気創造推進室長事務取扱

兼 内閣官房内閣参事官

 

   13:5014:15 先進事例紹介(1) 合同会社さつま自然エネルギー

                  <工場地域におけるスマートコミュニティ>

   14:3014:55 先進事例紹介(2) 水俣市

                  <農山漁村地域におけるスマートコミュニティ>

   14:5515:20 先進事例紹介(3) 豊田市

                  <都市部におけるスマートコミュニティ>

   15:2015:45 福岡県の取組み紹介

   16:0017:10 講演者によるパネルディスカッション

          (モデラー)シンクタンク・バードウイング(九州経済社会研究所)

                    代表 鳥丸 聡(とりまる さとし)氏


地域から考える再生可能エネルギー県民シンポジウム.pdf 


○お問い合わせ先

 福岡県企画・地域振興部 総合政策課

エネルギー政策室 普及支援班

   TEL:092-643-3228

FAX:092-643-3160