九州ソーラー&クリーンエネルギーネットワーク(SONEQ:ソーネック)

文字の大きさ
標準
拡大

イベントセミナー

「燃料電池・水素エネルギー専門技術セミナー」のご案内

2020年の東京五輪においては、日本が水素社会へ転換を図っていくことを世界に示す大きな機会となります。東京都においては、今後7年間、水素ステーション整備やFCV購入補助などの予算が計上され、また、九州においても九州地域戦略会議により「水素エネルギー関連産業の拠点化」に向けた取組が進められるなど、水素社会構築に向けた動きが加速しています。

 一方、水素・燃料電池業界においては、水素活用アプリケーションの多様化や従来技術の延長線上ではない新しいデバイス等の開発も進められるなど、更なる市場拡大に向けた取り組が進められています。

 こうした状況を踏まえて、水素エネルギーの最新動向や先導的な取り組み事例を紹介します。

 

○日時 平成2710月9日(金)  10451215

○場所 西日本総合展示場 新館 セミナー会場A

    (福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1)

○主催 九州経済産業局 後援 西部ガス

○参加費:無料

○定員 200名

○プログラム 

  挨拶 経済産業省 九州経済産業局 

  

講演1 「水素エネルギーを巡る国内外の動向と2020年のオリンピック・パラリン

         ピックを契機とする東京都の水素戦略について」(40分)

        デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

          パブリックセクター マネージャー 大我 さやか 氏

 

  講演2 「水素社会の実現に向けたパナソニックの取組み」(45分)

        パナソニック()

           先端研究本部 環境・エネルギー研究室 室長 小原 英夫 氏

 

○申し込み方法:以下のHPから、フォーマットに沿ってお申し込みください。

                http://www.he-t.jp/semi_program.html#10AM1